分からないこともたくさんある!自営業をやりたいときは誰に相談すべき?

自営業をスタートする場合商工会議所への相談がお勧め

自分自身の過去の知識を有効活用し起業する為に、個人事業主という形で地元の商工会議所へ相談したほうが後になって好都合といえます。商工会議所においては個人事業主に対して開店に関する資金融資を行ったり、地元広報誌において開業知らせや店に関する情報をフリーで載せて貰えます。 商工会議所に1カ月ごとに会費を払うことが求められますが、受けることになる恩恵から考えたら大した出費ではありません。自営業を開始する方向けのビジネスコンサルティングも実施してくれますので頼もしい味方です。更に、クライアント紹介も行なってくれたり、仕事紹介を実施してくれますので使わないほうが損と言えます。ですから、まず地元の商工会議所へ相談しましょう。

フランチャイズ契約の自営業も選択肢のひとつ

また、自営業を開始する場合フランチャイズ契約を行なって自営業を目指す方法があります。たしかに開業予算を考える必要がありますが、店舗スタイルの小売店ならば400万円あれば開業可能ですし、飲食店なら500万円は要されます。フランチャイズ契約を行うことによって、独立に必要となるスキルや専門的知識を容易に習得することができます。さらに、税金関係の対処法などもしっかりと教えてくれます。また、プロフェッショナルな視点で集客並びに売り上げを達成させるエリア及び営業時間を取り決めてくれますので、これから開業する場合にとても役立ちます。したがって、自営業をやりたいときはフランチャイズ契約について調べて、自身に合った会社に相談してみましょう。

会社などの企業に属しているとどうしても上司の機嫌を伺わないといけないと言うわずらわしさがありますが、独立する事でそんな事も解消されます